姓名判断における漢字の画数の数え方

文字には字源と呼ばれる起源があり、これを基に算出した字画数に文字本来の意味が存在するとされています。

スポンサーリンク
広告大

語源の画数で姓名判断する

姓名判断の原典を作り上げた熊崎健翁氏によると、名前の画数は途中で変化することなく、正しい字の源に基づいて、あくまで語源(旧制の漢字)の画数によるべきだと定義され、姓名判断ではその字画数を利用するため、現在、私達が日常使っている略漢字と呼ばれる漢字の画数と、当サイトの姓名判断プログラムで示される字画数が異なる場合が多くあります。

略漢字(新字体、新漢字とも言う)は元の漢字を簡単にする為に解かりやすく省略したものや、誤字が元になっている場合が多く、これらは漢和辞典に説明があります。例えば、栄は榮で14画、会は會で13画で計算します。同様に、國→国、圓→円、なども画数が異なります。

名前の画数は日ごろ教えられてきた画数とは違う場合が多いので、自己流の姓名判断は間違った結果をもたらすかもしれません。

部首の画数にも違いがある

また、姓名判断における特有の考え方から、ヘン・ツクリ・カンムリなどの部首と言われる部分は、一般の漢和辞典と画数が違う場合があります。これは上述のように文字本来の意味を強く意識しているためです。詳しくは、下記を参照してください。漢和辞典には部首の説明があり、この考え方が正しいものであると判断されています。

数の漢字はその数が画数

なお、数を意味する漢字一から十は画数ではなく、呼数を適用します。例えば、「四」は通常5画と数えますが、姓名判断では4画で数えます(昔は棒4本で表していた為)「八」についても同様に8画で数えます。二と七が同じ2画で同じ意味となっては具合が悪いですよね。

々は同一文字の繰り返し

また、佐々木の「々」は同一文字の繰り返しと考え「佐佐木」と直して画数を計算します。より正確な鑑定の為には、漢字については漢和辞典で事前に調べられる事をお薦め致します。

スマホでも快適に名前の画数を無料で鑑定できる姓名判断のページはこちら。避けるべき名前など、男の子、女の子の赤ちゃんの命名、名付けのアドバイスも豊富にご用意しています。知ってる人の名前で姓名判断すると、必ず「だからか!」と言ってしまうほど当たる姓名判断です。
姓名判断の一環として、名前のローマ字を秘数変換して占う数秘術占いプログラムをご用意しました。ローマ字であっても名前の持つ力に変わりはありません。紀元前500年前から研究されてきた数秘術占いの結果にあなたはきっと驚かれるでしょう。
スポンサーリンク
広告大
広告大