避けるべき字一覧

姓名判断では不吉な暗示があるとされる字

姓名判断で名づけ命名に不吉とされる字には気をつけるに越したことはありません。自分の名前を親が一生懸命に考え、調べてくれた愛情は、いつか必ず我が子へ伝わるのです。姓名判断では名前の画数だけでなく、名前に使う字の由来も知っておくことが大事です。

名前には避けるべき語源の字

良いイメージだが名前に使うことを避けるべき字があります。例えば「幸」は手錠・手かせを表す象形文字です。執拗、報復など幸が一部に使われている字を見ても、良いイメージ通りではないことが明らかです。名前の画数だけでなく、字の由来についても勉強して損はありません

姓名判断で避けたい名付け-名頭3画とは

名前の画数を計算して行う姓名判断で言われる名頭3画の字が持つ意味は簡単に言うと、親子の縁や身内との縁が薄く、人生が常に波乱であったり、不運が起きやすかったりするとされ、赤ちゃんの名付け命名においてはもっとも避けるべきものです。

スポンサーリンク
広告大
広告大