赤ちゃんの名づけで避けること

字の画数による姓名判断だけでなく、姓名学の観点から見ても名付けに避けるべき基本的なことがあります。姓名判断以外にも気をつける事を知り、名付けの参考にしてください。

スポンサーリンク
広告大

名付けに避けるべきこと

親・兄弟・姉妹の名前から一字(または二字以上)を使って命名するのはNG

親の愛情、親の誇り・名誉・分身・継承でいいように見えますが、子供にとっては親の運勢を背負いやすく、また、名前を分け与えるという行為には、昔から良い意味がありません。

親が子どもに自分の字を与える行為は、戦国時代にまでさかのぼり、主君が戦功のあった家来に自分の名前を分け与えた行為に由来しています。しかし主君は家来の発展を期待などせず、これからも自分に忠誠を誓い、自分の力になり、自分に逆らって謀反を起こさないようにさせるという自分本位の気持ちが込められただけの行為です。

現代においても親が子どもに名前の一字を与えるという行為は、いつまでもお前は私の子供であり分身だという発想が少なからず含まれ、そのような思いが込められた名前には、自立発展していく力が宿りにくく、また、親が抱える不運をどうしても引き継ぎやすく、子供が親と同じように思い悩む事から逃れにくくなります。自分の子供には、自分を越えて大きく羽ばたいて素晴らしい人生を送って欲しいと親なら願うはずです。

子孫に無用な凶運を背負わせたくなければ、親の思い上がりで子どもに自分の名前の一字を与える事は避けましょう。

また同じ字を持つどちらかに不幸が偏る傾向もあるため、このような命名は避けた方が無難です。(祖父母・兄弟の名前を使って命名するのも同じ凶意となります。)

一文字の名前・ひらがな・カタカナ名で命名するのはNG

浩.明.舞.彩など一文字の名前は、まとまっていて格好よく見えますが、姓の重みに耐えられなくなって、人生においても良いときと悪いときの落差が大きく、バランスをとって生きることが難しく持ちこたえられなくなります。

また、ひらがな、カタカナ名かおり.ひとみ.アキ.サト子などもやわらかすぎて押しつぶされてしまいやすいです。名前の命名は漢字二字あるいは三字にした方が無難です。

動物や季節にまつわる字で命名することはNG

「虎」などの動物を表す字を人名に使うと、人生に波乱が出やすいため避けましょう。「冬」「桜」「雪」など、季節を表す字は、季節の移ろいと共に心も移ろいやすくなるので避けたほうが無難です。

姓の最初と名の最後が同じ画数はNG

姓の最初と名の最後が同じ画数の場合、上と下から圧迫されて、運命自体に歪みが生じ身体的にも内臓疾患が出やすいと言われます。この凶運型を持っていると、事件に巻き込まれたり、女性の場合は男性に縁遠く、妊娠しにくかったりする傾向があるようです。また出費が多くお金に困ることも大きな特徴とされます。

姓の最初と名の最初が同じ画数はNG

姓の最初と名の最初が同じ画数だと、身体の頭部に異常が出やすい傾向があるとされています。日頃から頭の痛い問題を抱え込むという意味もありますし、突然の脳溢血やクモ膜下出血に襲われる可能性も多いようです。
https://love.vomov.net/?page_id=2

スポンサーリンク
広告大
広告大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする